美容と健康に気を付ける

美容と健康に気を付ける

歯を白くしたいという方へ

まず歯を白くするためには歯の着色汚れの原因を理解することから始まります。
歯の着色汚れはタバコやコーヒー、普通に食事をしたり飲み物を飲んだりすることが原因でおこります。

 

歯に汚れをつけないためにタバコと吸わないというのは良いことだとは思いますが、食べ飲みはしないということはないのである程度汚れが着色してしまうのは仕方ないです。

 

ではその汚れはどのように取れば良いのでしょうか。
初めに歯科医院でホワイトニングです。
ちゃんと歯を白くしてもらいたいというのであれば良いことだとは思いますが審美に関しては保険が適用されないので費用が高くなります。
さらに歯科医院でも治療費が違ってくるので比較しないといけません。
それに歯科医院に行くと他の検査などで通うはめになったりするのが面倒です。

 

あと、ホームホワイトニングという自宅でできるものもあります。
この方法も費用がかかりますし装着などが面倒だったりします。

 

あとは最近多く出てきているのが着色汚れが期待できる歯磨き粉やホワイトニング商品です。
こういったものなら自宅で簡単に続けられるので利用されている方も多いです。
ちなみに私も歯の汚れを除去するためにこういった商品を使用しています。

 

結局は、毎日の予防が大切だと思います。
なんとしても歯の沈着汚れを取り除きたいのでれば初めに歯科医でホワイトニングしてもらって、着色汚れを防ぐために自宅でできるホワイトニング歯磨き粉などを使うというのも一つの方法です。
歯科医院はちょっとという方はホワイトニングの歯磨き粉などを使ってみるのも良いのではないでしょうか。

 

研磨剤について

多くの歯磨き粉に使われているのが研磨剤というものです。

 

研磨剤は、歯の表面上のエナメル質についてしまった着色汚れを落としてくれる働きがある成分ということなのですが、ホワイトニングを考えた時には注意が必要な成分と言うことなんです。

 

研磨剤というと歯磨用リン酸水素ナトリウムや炭酸カルシウム、重層炭酸カルシウムなどが、ほとんどの歯磨き粉に研磨剤として配合されているんです。

 

毎日の飲食や喫煙によって、歯に黄ばみなどの着色汚れが付着していってしまいます。
これらの汚れを効果的に除去するのに役に立ってくれます。
しかし研磨剤というだけあって歯を削ってしまう働きがあります。歯についた汚れを取り除きながら、歯の表面のエナメル質が少しずつでも削られていくということなんです。

 

歯が白くなる代わりにエナメル質が削られてしまい、歯や歯茎にダメージが加わっているということなんです。強力な研磨剤によって歯の表面のエナメル質が削られることによって、一時的に歯がキレイになるように見えますが、歯の表面が傷ついているということです。

 

歯のエナメル質が削られてしまうと、反対に着色しやすい状態になるわけです。

 

また、歯と歯茎へのダメージが大きく、知覚過敏や虫歯にもなりやすくなるということです。

 

ホワイトニングというところを目的に歯磨き粉を選ぶときには、研磨剤が微粒子で含まれているものを選びましょう。

 

市販のホワイトニング向けの歯磨き粉は、舌で触ったらざらざらとした感覚のものが多いのですが、これは研磨剤の粒が大きので、それだけエナメル質を削ってしまう力も大きくなるわけです。
研磨剤の粒子を小さく微粒子にして含まれたホワイトニング向けの歯磨き粉も多く販売されているので、そういうものを選ぶのが良いと思います。さらに最近では研磨剤が使用されていないホワイトニング歯磨き粉も出てきています。そういったホワイトニング商品を使えば研磨剤でどうこうということもないです。

続きを読む≫ 2017/12/28 16:45:28

私のここ数年の悩みなのですが、体に出来る黒い粒状のイボ・シミのようなものが、上半身・おなか・くびに特に多くできて困っています。

 

いろいろとイボについて調べてみたところ、イボは大きさによって3つの名称があって一般的に“首イボ”と呼ばれているイボ、これは首以外にも、脇の下、胸、脇腹、鼠径部(そけいぶ)など、皮膚の薄い場所にできやすいのが特徴。
イボは皮膚の線維や脂肪から成り立っていて、医学的には、イボの大きさによって名称が変わり、2〜3oで多発しやすいものを“アクロコルドン”または“スキンタッグ”と呼ぶそうです。
単発でやや大きなもの(直径約1p)は“軟性線維腫”。
軟性線維腫がさらに大きくなり、皮膚面から垂れ下がるようになったものを“懸垂性線維腫”と呼びそうです。

 

このようなイボは良性の腫瘍で、感染の心配はないということで安心。
1つだけできる場合もあれば、数えきれないほどたくさんできる場合もあるそうです。
皮膚の老化、または体質によってできるもので、アクロコルドンは早い人なら20歳くらいから発生。
いくそうです。
逆に悪性の疑いがあるようなイボはどんなものかも気になるので調べてみたとろ、急に大きくなる、出血する、黒や茶色など、いろいろな色がつき始める、直径が7o以上のいずれかに該当するようなら、すぐに皮膚科を受診したほうがいいということです。
特に、直径が7oになると、悪性である可能性が高まるそうです。
自分自身で良性か悪性かを見分けることはできないので、皮膚科医に診てもらったほうがいいということでした。
自分もこれからイボには注意していこうと思います。

続きを読む≫ 2017/12/01 02:55:01

筆者は子どもを産んでから半年後、体調不良が続くようになりました。
症状としては、慢性的に感じる体のだるさと、皮膚に痒みを伴う炎症が出ることです。
皮膚科に行き、内科でアレルギー検査もしたのですが、原因は分かりませんでした。
対処療法として、炎症止めの塗り薬を処方されたのですが、治っても何度も繰り返し、子どもを抱っこするのも痒くて辛い状態になっていました。

 

そこで、いつ、どんな状態で発症するのか、自分で原因を突き止めることにしました。
1日の睡眠時間、食べたもの、その日の気温や湿度など、思いつく限りの項目を書き出しました。
すると、小麦粉を使った製品を多く摂取した次の日に発症することが分かったのです。
筆者の場合は、1日に2食以上食べた場合、例えば朝食がパン、昼食がパスタといった献立だとアウトでした。

 

原因が分かったため、それ以降は小麦粉製品の摂取は1日一回一人前のみ、とすることにしました。
すると、皮膚の炎症は全く起きなくなり、体のだるさも一ヶ月ほどかけて徐々になくなっていきました。

 

皆さんも、病院の検査では体調不良の原因を突き止められないことがあったら、一度、毎日の生活を振り返って見てください。
思わぬところで原因を発見し、体調不良を解消することができるかもしれません。

続きを読む≫ 2017/11/16 04:12:16

健康に生活する基本は食にあります。
私が食事に気を使うようになったきっかけは、自身の妊娠でした。
お腹の中に赤ちゃんがいるときはもちろんですが、出産したあとも母乳という形で、子供は母親から送られてくる栄養だけを頼りにしばらくの間、生きていかなくてはなりません。
摂取したものが子供の栄養となる。そのため、毎食の食事に気を配るようになりました。
食事に気を配るといっても、難しいことをしているわけではありません。どんなに忙しくてもメニューの中に野菜を入れる。それだけを意識して食事をとるようにしています。
例えば、外食をするときはサラダを付ける。例えば、お弁当を買ってきたときは、残っている煮物を食べるなど。少しでも野菜を食べると言うことを意識するようにしています。
そうして、過ごしていく内に身についていき食卓に野菜がないと落ち着かない位になってきました。
また、そうして野菜を摂取することで悩んでいた便秘も解消し、体重が減り、体が軽くなりました。
これから、母乳だけではなく食事を食べるようになる我が子のことも考えると、野菜を食べることを習慣づけていきたいと考えています。
自分の健康だけではなく、子供のために。それが私の健康法のスローガンになっています。

続きを読む≫ 2017/11/16 04:11:16